総合コンサルティング、企業コンサルティング(戦略経営コンサルティング・人材育成コンサルティング)、個人コンサルティング(個人総合コンサルティング・FP事務所)なら、東京の英知コンサルティング株式会社へ。

    
102-0084 東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901          
          
5営業日前までにご予約いただければ、営業時間外・定休日のご相談も承ります 

リモート・コンサルティング(Zoom)で全国対応  国内最大、全300サービス

お電話受付時間 平日  10:00~17:00

03-4572-0656

営業時間  平日 9:00~18:00

定  休  日 土日・祝祭日

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、
石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、
岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 只今、全職員、テレワークを実施させていただいております。
 新型コロナウイルス感染症が終息するまでの間は、可能な限りZoomを利用したリモート・コンサルテングを実施させていただいております。
 何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

コロナ前GDP回復「2024年」最多|東京の英知コンサルティング株式会社

コロナ前GDP回復「2024年」最多|東京の英知コンサルティング株式会社

コロナ前GDP回復、「2024年」最多 
民間エコノミスト予測

日本経済の低迷は長引くとの見方が広がっている。実質国内総生産(GDP)成長率は2020年4~6月期まで3四半期連続のマイナスとなった。感染再拡大に対する懸念が強く「V字回復」は難しい状況だ。民間エコノミストの間では、GDPが直近のピークである19年7~9月期の水準を回復するのは24年ごろとの見方が多い。

内閣府が17日発表した4~6月期のGDP(速報値)は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比7.8%、年率換算で27.8%減った。戦後最大の落ち込みを記録したことを受け、日本経済新聞が22人の民間エコノミストに7~9月期以降の見通しを聞いた。

7~9月期のGDPは平均で前期比年率13.3%増を見込む。経済活動の再開を受け、内需・外需ともに反動増が期待される。ただ、予測通りの高成長でも4~6月期の落ち込みの3分の1程度しか取り戻せず、水準は低いままにとどまる。

第一生命経済研究所の新家義貴氏は「特別定額給付金の効果の息切れが予想され、リバウンドの動きは次第に一巡する」とみる。

予測では10~12月期は4.7%、21年1~3月期は3.3%と成長率はさらに鈍化していく。新生銀行の伊藤篤氏は「感染が広がると、家計の自発的な行動制限が強まる。国内経済の回復力は非常に弱いものになるだろう」と指摘する。

実質GDPは4~6月期に485.1兆円(年率換算)となった。500兆円を割るのは7年半ぶりで、12年末の第2次安倍政権発足前の水準まで逆戻りした。

7~9月期は予測通りでも500.4兆円で、直近のピークである19年7~9月期の水準(539.3兆円)には遠い。1年後の21年7~9月期でも517.9兆円にとどまる。

ピークを回復する時期をエコノミスト22人に聞いたところ、「24年」との回答が9人で最も多かった。6人が最も早い「22年」と回答した。

クレディ・アグリコル証券の森田京平氏は最も遅い「25年10~12月期以降」と予測した。「コロナによる需要の蒸発、米中貿易摩擦による外需の下押しから、世界経済の反発力は限られる」と厳しい見方だ。

5月中旬に実施した前回調査の回答と比べると、半数のエコノミストがピーク回復時期の予測を遅らせた。三菱総合研究所の武田洋子氏は「企業が抱える過剰雇用はリーマン・ショック時並みに達している。今年後半には失業が増加し、消費の回復が遅れるだろう」と警戒する。

足元では新規感染者数が高止まりし、自粛ムードが再び高まりつつある。BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は「感染拡大への警戒感から内外需に強いブレーキがかかれば、20年10~12月期にマイナス成長となる可能性も否定できない」とみる。

西村康稔経済財政・再生相は17日の記者会見で「生活、雇用、事業を下支えし、内需主導で経済活動と(感染拡大防止)の両立ができるようにしていきたい」と強調した。

お気軽にお問合せ・ご相談下さい

英知コンサルティング株式会社  のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。

英知コンサルティング
株式会社

365日、24時間受け付けております

365日、24時間受け付けております

メールでお問合わせ

365日、24時間受け付けております

電話でお問合せ

お電話受付時間 平日  10:00~17:00

03-4572-0656

   代表者プロフィール

    代表取締役  社長兼CEO 
            清水  一郎 

  -------------------------------
  ①戦略コンサルタント 
  ②
人材育成トレーナー
  ③コーチャー
カウンセラー
  ④エコノミスト
  ⑤金融・証券アナリスト

  -------------------------------
  博士(法学)
            東京大学大学院

  修士(経営学)MBA
            一橋大学大学院

  修士(心理学)
            早稲田大学大学院
 
 法学修士    
            慶應義塾大学大学院
 
 ---------------------------
 超難関
資格(偏差値70台)12
 難関資格 (偏差値60台)26
 その他   (偏差値60未満)24