総合コンサルティング、企業コンサルティング(戦略経営コンサルティング・人材育成コンサルティング)、個人コンサルティング(個人総合コンサルティング・FP事務所)なら、東京の英知コンサルティング株式会社へ。

    
102-0084 東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901          
          
5営業日前までにご予約いただければ、営業時間外・定休日のご相談も承ります 

リモート・コンサルティング(Zoom)で全国対応  国内最大、全300サービス

お電話受付時間 平日  10:00~17:00

03-4572-0656

営業時間  平日 9:00~18:00

定  休  日 土日・祝祭日

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、
石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、
岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 只今、全職員、テレワークを実施させていただいております。
 新型コロナウイルス感染症が終息するまでの間は、可能な限りZoomを利用したリモート・コンサルテングを実施させていただいております。
 何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

コロナ下でのインフレ台頭|東京の英知コンサルティング株式会社 

コロナ下でのインフレ台頭|東京の英知コンサルティング株式会社 

コロナ下でのインフレ台頭

需要回復、供給追いつかず

米欧を中心に物価上昇圧力が高まってきた。新型コロナウイルス禍で多くの製品の供給や輸送力が細るなか、大規模な財政出動やワクチン普及による経済正常化で需要が急回復すれば、物価高が加速する可能性がある。インフレ圧力の高まりは金融引き締め観測や、長期金利の上昇と連鎖したドル高を誘う。金融政策のかじ取りは一段と難しくなりそうだ。

米国の1月の物価上昇率は1.4%とコロナ前の水準に迫る。米債券市場では今後10年の予想インフレ率が年2.2%まで上昇し、6年半ぶりの高水準となった。日本や中国の基調はなお弱いが欧州も1月の物価上昇率が0.9%と6カ月ぶりにプラス圏に転じた。

世界経済は2020年春、コロナ禍で需要が蒸発する危機に陥った。潜在的な供給力と需要の差を示す需給ギャップは2020年4~6月期に米国でGDPの10%超にあたる約2兆ドル(約210兆円)になるなど、深刻な需要不足が広がった。需要の急減で製造業は工場を休止するなど供給を絞った。

今はその急収縮からの回復の途上だ。「耐久財を中心に夏以降の需要回復を受けて工場の操業を戻したが、生産が追いつかず価格が上がりやすくなっている」(みずほ証券の小林俊介氏)

供給制約が続くなかで、まずテレワークなどの巣ごもり需要で一部の家電販売が夏から回復した。テレビの世界出荷は4~6月期に5400万台と前年同期より5%落ち込んだ後、7~9月期は14%増の7300万台と大きく伸びた。パソコンは4~6月期に11%増、7~9月期に15%増、10~12月期に26%増と拡大が続いた。

世界の自動車販売も4月に400万台程度まで落ち込んだ後はほぼ右肩上がりで、12月には800万台を超え、前年の水準も上回った。

金融政策の難度増す

こうした消費の持ち直しによって家電や自動車に広く使う鋼材の熱延コイルは東アジアの取引価格が1トン720ドル前後と20年春の底値より7割高くなっている。米国では約12年半ぶりの高値圏にある。テレビの汎用部材の液晶パネルも品薄が定着し、国際価格は20年初めに比べ8割ほど高い。

物価が上がる背景には海上輸送など物流網の目詰まりもある。コンテナ船は減便がほぼ解除されたが、急回復する受注をさばききれない。上海発米国向け運賃は40フィートあたり4000ドル前後と20年初めの2.5倍。「この水準は異常事態」(日本郵船の丸山徹執行役員)との声も出る。

先進国共通の低インフレという長期トレンドはそう簡単には変わらない。だが今後、ワクチンの普及や内需を刺激する財政出動が続けば、一時的に過度なインフレにつながる懸念がある。サマーズ元財務長官はバイデン政権の1.9兆ドルの経済対策を過大と批判し「インフレリスクに警戒すべきだ」と主張する。「物価が上昇し始めた場合、連邦準備理事会(FRB)がうまく制御できるとは限らない」

FRBは早期の引き締めを否定している。パウエル議長は10日の講演で「当面は2%を上回る物価上昇率をめざす」と述べた。景気の下支えに力を注ぐバイデン政権と歩調を合わせ、雇用改善に向けた今の緩和政策を続ける姿勢だ。

FRBには苦い記憶もある。13年に当時のバーナンキ議長が資産購入の縮小に言及したことで金利が急騰し、株式相場の急落を招いた。

とはいえインフレ圧力が強まれば市場は先回りして将来の金融引き締めを織り込む可能性がある。実際に金融市場では物価高と連鎖して金利の上昇が進む。米長期金利は16日に1.30%と約1年ぶりの水準に達した。

並行してドル高も進んでおり、17日は一時1ドル=106円台前半と5カ月ぶりの高値をつけた。ドル高はドル建て債務を多く抱える新興国の返済負担の増加や資金流出につながる恐れがある。

回復途上の実体経済を支えつつ、一時的な需給のひずみも映す物価や金利の上昇をどう制御するか。金融政策は難局にさしかかっている。

お気軽にお問合せ・ご相談下さい

英知コンサルティング株式会社  のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。

英知コンサルティング
株式会社

365日、24時間受け付けております

365日、24時間受け付けております

メールでお問合わせ

365日、24時間受け付けております

電話でお問合せ

お電話受付時間 平日  10:00~17:00

03-4572-0656

   代表者プロフィール

    代表取締役  社長兼CEO 
            清水  一郎 

  -------------------------------
  ①戦略コンサルタント 
  ②
人材育成トレーナー
  ③コーチャー
カウンセラー
  ④エコノミスト
  ⑤金融・証券アナリスト

  -------------------------------
  博士(法学)
            東京大学大学院

  修士(経営学)MBA
            一橋大学大学院

  修士(心理学)
            早稲田大学大学院
 
 法学修士    
            慶應義塾大学大学院
 
 ---------------------------
 超難関
資格(偏差値70台)12
 難関資格 (偏差値60台)26
 その他   (偏差値60未満)24