中小企業・中堅企業の企業コンサル・経営コンサルは東京の英知コンサルティング株式会社へ 

03-4572-0656

受付時間  平日  9:30~17:30

東京都千代田区  最終更新日  2023年01月31日

グテーレス国連事務総長への書簡

「広島平和記念式典」への出席御礼と、国連安保理の常任理事国から、ロシアと中国を排除すべきとの書簡を、グテーレス国連事務総長に送付いたしました。

グテーレス国連事務総長への書簡(原文)

H. E. Mr. António Manuel de Oliveira Guterres, Secretary-General of the United Nations

I am Ichiro Shimizu, 64 years old, male, CEO of a management consulting company, living in Tokyo, Japan.
 
I would like to express my sincere appreciation for your visit to Japan despite being in the midst of the "NPT Review Conference" held at the United Nations Headquarters in New York. 

I wholeheartedly support your address at the Hiroshima Peace Memorial Ceremony held on August 6. I was especially impressed by the following sentences. 

"Countries with nuclear weapons must commit to the “no first use” of those weapons. They must also assure States who do not have nuclear weapons that they will not use — or threaten to use — nuclear weapons against them. And they must be transparent throughout. 

We must keep the horrors of Hiroshima in view at all times, recognizing there is only one solution to the nuclear threat: not to have nuclear weapons at all. " 

The role of the Security Council is to have primary responsibility for the protection of international peace and security within the United Nations, the only comprehensive and universal organization in the international community today (Article 24, Paragraph 1 of the United Nations Charter). 

The main authorities under the UN Charter are: to request the parties in conflict to settle their disputes by peaceful means or to recommend such terms of settlement as it deems appropriate; to request the parties concerned to follow interim measures necessary or desirable to prevent the aggravation of the situation caused by the conflict; to determine the existence of a threat to peace, a breach of peace, or an act of aggression, and to make recommendations for the maintenance and restoration of peace and security; and to determine non-military coercive measures, such as economic sanctions, and military coercive measures. 

I believe that the permanent members of the Security Council are essentially in a position to comply with the above-mentioned "Role of the Security Council." However, Russia has not even shown any sign of stopping its aggression and killing in Ukraine. China is pushing to change the current position by force in the Indo-Pacific. They are acting in an inappropriate manner as a permanent member of the UN Security Council. 

There are calls for "reform of the United Nations," but I believe that world peace will not be realized unless Russia and China, which destroy peace by force, are removed as permanent members of the UN Security Council. I strongly hope that you would show strong leadership and remove Russia and China from the permanent members of the Council.  

In closing, I sincerely hope for your good health and further success in your efforts. 

August 9th, 2022 
Eichi Consulting Incorporated
CEO  Dr.Ichiro Shimizu 

グテーレス国連事務総長への書簡(和訳)

国際連合事務総長 

アントニオ・グテーレス 閣下

私は、日本国 東京都在住の 清水一郎 と申します。64歳、男性、経営コンサルティング会社のCEOです。 

この度は、ニューヨークの国連本部で開催されております「NPT再検討会議」の最中にも関わらず、来日いただき厚く御礼申し上げます。 

86日に行なわれた「広島平和記念式典」における貴台のあいさつを、全面的に支持申し上げます。中でも次の文章に心より感銘を受けました。 

『核兵器保有国は、核兵器の「先制不使用」を約束しなければなりません。また、非核兵器保有国に対しては核兵器を使用しないこと、あるいは使用すると脅迫しないことを保証するべきです。さらに、核兵器保有国はあらゆる面において透明性を確保しなければなりません。

私たちは、広島の恐怖を常に心に留め、核の脅威に対する唯一の解決策は核兵器を一切持たないことだと認識しなければなりません。』 

安全保障理事会の役割は、今日の国際社会において唯一の包括的・普遍的な組織である国連の中で、国際の平和と安全の維持につき主要な責任を有しています(国連憲章第241項)。 

国連憲章上の主な権限は、紛争当事者に対して、紛争を平和的手段によって解決するよう要請したり、適当と認める解決条件を勧告したりすること、紛争による事態の悪化を防ぐため必要又は望ましい暫定措置に従うよう当事者に要請すること、平和に対する脅威、平和の破壊又は侵略行為の存在を決定し、平和と安全の維持と回復のために勧告を行うこと、経済制裁等の非軍事的強制措置及び軍事的強制措置を決定すること、などです。 

本来、常任理事国は上記の「安全保障理事会の役割」を遵守していく立場であると考えます。しかしながら、ロシアはウクライナへの侵略と殺戮を止める気配すらありません。中国は、インド太平洋地域において武力による現状変更を押し進めております。常任理事国として、あるまじき行為であります。 

「国連改革」が叫ばれておりますが、武力をもって平和を破壊するロシアと中国を常任理事国から排除しなければ、世界平和は実現しないと思料いたします。

貴台におかれましては、強いリーダーシップを発揮していただき、ロシアと中国を常任理事国から排除していただけますよう強く望みます。  

終わりに、貴台の御健勝と、ますますの御活躍を衷心より祈らせていただきます。

2022年8月9日
英知コンサルティング株式会社
代表取締役  社長兼CEO  清水 一郎 

よく、一緒に見られているページ

経営のお悩みは、英知コンサルティング株式会社にご相談下さい

弊社は、中小・中堅企業の「経営改革による業績向上」に特化した独立系コンサルティング・ファームです 。中小・中堅企業を専門としているコンサルティング会社をお探しの企業様は、是非、当社へご相談ください。

経営コンサルティング、および組織・人事コンサルティングなど、様々なサービスをご用意し、企業様の「人材育成による業績拡大」をご支援させて頂いております。

経営コンサルタントに依頼することは、経営幹部を1人雇うことと同じと考えます。当社のコンサルタントが、中小・中堅企業経営者様の経営参謀・戦略ブレーンとして経営者様を継続的にサポートして参ります。

東京を拠点に事業展開しており、全国対応しております。企業様の企業文化や事業ステージに合わせたコンサルティングを進めております。

サービスの内容や料金などのご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合せください。

代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー 清水一郎

-------------------------------------
<職歴>
大蔵省(官僚)、等松青木監査法人(会計士補・公認会計士)を経て、上場企業3社の役付取締役を30年間受嘱。
CFO  (最高財務責任者)
CLO  (最高法務責任者)

CHO (最高人事責任者)
COO (最高執行責任者)

CEO (最高経営責任者)
-------------------------------------
<学歴>
東京大学 博士(法学)
一橋大学院 修士(経営学
MBA
慶応義塾大学
 修士(経済学)
早稲田大学
 修士(心理学)
-------------------------------------
<資格>
公認会計士・司法書士・不動産鑑定士・税理士・中小企業診断士・社会保険労務士  など試験合格者
-------------------------------------<専門分野>
戦略経営、販売、マーケティング、組織、人事、法務、会計、税法、
金融、経済、人材育成、コーチング

-------------------------------------

トップページ
代表者  プロフィール