中小企業・中堅企業の企業コンサル・経営コンサルは東京の英知コンサルティング株式会社へ 

03-4572-0656

受付時間  平日  9:30~17:30

東京都千代田区  最終更新日  2023年01月31日

年度予算策定支援

「中期経営計画」を基に、1事業年度ごとの「年度予算」を作成します。安定した経営を行い、事業を発展させていくためには、「予算策定」と「予算管理」が重要です。

予算策定は予算編成方針を決めるところから始まり、部門ごとに損益予算と財務予算を策定します。部門予算を基に全社予算を編成し、各部門の社員に通知するところまでが予算作成です。

年度予算策定支援

予算作成

予算策定とは

予算策定とは事業年度の売上予算、経費予算、および利益予算を決定する」ことです。その場対応の判断で資金を使っていては、健全な企業経営はできません。年間の利益目標から逆算するほか、前期の実績なども検討して「実現可能」な予算を策定することが重要です。

「予算策定」予算管理」は、適切な企業経営をする上で欠かすことがはできません。
一般的に、中小・中堅企業においては、第3四半期終了後から新事業年度開始までの間に「予算策定」を行います。一方
「予算管理」は1事業年度にわたって実施します。予算管理では、策定した予算と実績を比較・分析を行います。そのため「予算管理」は「予実分析」(予算と実績の分析)ともいわれています。

予算策定の重要性

経営の安定化

計画なき経営は、支出が膨らみ、直ぐに経営難に陥ってしまいます。中小・中堅企業においては、倒産の可能性すらあります。安定した経営を行う上で、予算策定と予算管理は欠かせません。

あらかじめ1事業年度のお金の使い道を計画することで、無駄な支出を減らすことができます。策定した予算との乖離が大きくなった場合には、予算管理によって予算修正が必要になります。

スピード感のある意思決定が可能

あらかじめ予算を策定することで、日々の業務においてやるべき項目が明確になります。目指すべき目標が明確なため、無駄な業務に時間を費やすことが避けられます。

方向性が定まっていることは、意思決定のスピードにもいい影響を与えます。社会の変化に柔軟に対応していくことは、企業が反映していくための必須の要素です。策定した予算をもとに素早い判断を下せば、トレンドに乗り遅れず事業を展開できます。

予算策定の流れ

予算策定の方針を決定する

先ず、予算策定の方針を決定します。方針がなければ、具体的な予算の内容がバラバラになるため、最初に方針を決めるのが重要なポイントです。

一般的に、中小・中堅企業においては、3四半期を過ぎた頃に予算策定の準備を始め、遅くとも期末の2カ月前までには決定します。

予算編成部署(一般的には、経営企画室または経理部など)が経営戦略と利益目標を設定し、全社の予算編成方針の原案を予算会議に提出します。

部門ごとに予算を策定する

全社方針が確定したら、部門ごとに予算とリソースを割り当てます。各部門の担当者が、全社利益の目標を達成するための予算を策定します。この作業は、1カ月ほどの余裕を持って期限を設定するとスムーズです。

各部門の担当者は損益予算と財務予算を策定して、予算編成部署に提出します。損益予算を先に策定し、次に財務予算を策定します。

損益予算は損益計算書に関連する、売上高予算や費用予算が対象となります。財務予算は資金繰りに関連する予算で、資金収支に基づき策定します。

総合予算との乖離を調整

部門別の予算が集まったら、それらを集計して総合予算を策定します。集計する際は、部門ごとに数値の正当性を検証するほか、実現可能性や目標設定の妥当性を確認します。全社の利益目標との調整作業も、現場と経営層の乖離を埋めるために重要です。

部門別の損益予算と財務予算の精査が完了し、総合予算を策定し予算会議に提出します。予算会議の審査終了後に社長の決裁を得た後、策定した予算を各部門に示達します。

予算は策定するだけでは意味がなく、予算と実績の進捗管理と予実分析をしていくことが重要です。

予算策定のポイント

根拠性と実現可能性の検証

予算策定を行うにあたり、根拠のある数値を用いる点が重要です。過去の実績データをもとに予算の数値を設定します。数値を論理的に導き出すことで、説得力のある予算を策定することが可能になります。計算の誤りや数値同士の矛盾がないかを確認することも大切です。

策定した予算の実現可能性も、重要なポイントです。現実的でない目標では机上の空論に終わってしまいます。業績を評価するための指標を用意し、目標達成までの道のりを描いておくと予算管理を行う際に役立ちます。

部門別予算の社員への通知

予算編成の方針策定と全社予算の策定は予算編成部署が行いますが、部門別の予算策定は各部門の担当者が行うことが大切です。

現場を知らない人が部門別の予算を策定しても、具体的な業務内容がわかっていないため、表面的な数字になる可能性があります。現実的で具体性のある予算を組むためには、現場の担当者が責任を持って策定する必要があります。

更に、部門別の予算は、部門の全社員に通知し理解させることが重要です。

予算管理

予算管理とは

予算管理とは、月次単位で策定された予算の計画と実績を把握して分析することで「予実分析」とも言われます。予算は、会社の利益目標を達成するための計画です。そのため、確実に実行されているか管理し、進捗に乖離がある場合は、どこに課題があるのかを分析しなければなりません。企業の経営状況を正しく把握する上でも重要な管理指標の一つです。

予算管理のポイント

会社目標のブレイクダウン

会社の経営戦略や経営方針を策定しても、それだけでは目標を達成できません。ゴールまでの道筋を明確にしなければ、いつどのような行動をすべきか分からないからです。しかし経営計画を予算として数値化できれば、部門や担当者ごとに達成すべき目標としてブレイクダウンすることが可能となります

業務計画の作成

業務計画は経営方針に沿って作成すべきもの。しかし抽象的な目標や方針では、実際の業務イメージが湧きません。予算が部門や担当者ごとにブレイクダウンできれば、従業員それぞれの具体的な業務計画を作成することができます

計画と実績の比較分析

予算が計画通りに実行されているか、目標は達成されているかなど、予算とその実績を比較することが、予算管理の重要な目的です。予実管理が行われていれば、目標に対する進捗状況を判断できます。また、計画通りに進んでいない場合は、原因を分析して次のアクションを検討するといったPDCAサイクルを回すことも可能です

経営指針を判断

予算の達成状況や進捗、達成を阻む要因を突き止めることで、会社としての経営計画を見直す必要があるか判断することもできます。阻害要因が内部にある場合は、予算の管理方法や目標の修正を行います。外部要因で達成できないようであれば、当初の経営計画を見直すことも必要です。

英知コンサルティングの実績

実績

  6,623件

 

料金

 個別にお見積りさせていただいております

よく、一緒に見られているページ

経営のお悩みは、英知コンサルティング株式会社にご相談下さい

弊社は、中小・中堅企業の「経営改革による業績向上」に特化した独立系コンサルティング・ファームです 。中小・中堅企業を専門としているコンサルティング会社をお探しの企業様は、是非、当社へご相談ください。

経営コンサルティング、および組織・人事コンサルティングなど、様々なサービスをご用意し、企業様の「人材育成による業績拡大」をご支援させて頂いております。

経営コンサルタントに依頼することは、経営幹部を1人雇うことと同じと考えます。当社のコンサルタントが、中小・中堅企業経営者様の経営参謀・戦略ブレーンとして経営者様を継続的にサポートして参ります。

東京を拠点に事業展開しており、全国対応しております。企業様の企業文化や事業ステージに合わせたコンサルティングを進めております。

サービスの内容や料金などのご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合せください。

代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー 清水一郎

-------------------------------------
<職歴>
大蔵省(官僚)、等松青木監査法人(会計士補・公認会計士)を経て、上場企業3社の役付取締役を30年間受嘱。
CFO  (最高財務責任者)
CLO  (最高法務責任者)

CHO (最高人事責任者)
COO (最高執行責任者)

CEO (最高経営責任者)
-------------------------------------
<学歴>
東京大学 博士(法学)
一橋大学院 修士(経営学
MBA
慶応義塾大学
 修士(経済学)
早稲田大学
 修士(心理学)
-------------------------------------
<資格>
公認会計士・司法書士・不動産鑑定士・税理士・中小企業診断士・社会保険労務士  など試験合格者
-------------------------------------<専門分野>
戦略経営、販売、マーケティング、組織、人事、法務、会計、税法、
金融、経済、人材育成、コーチング

-------------------------------------

サイドメニュー

トップページ
代表者  プロフィール