経営コンサルティング、組織人事コンサルティングは、東京の英知コンサルティング株式会社へ

経営コンサルティング、組織人事コンサルティングは、東京の英知コンサルティング株式会社へ

 

 

03-4572-0656

営業時間    平日 9:00~18:00

財務分析・経営診断|英知コンサルティング株式会社

財務分析とは・経営診断とは|東京の英知コンサルティング株式会社。財務分析とは、貸借対照表や損益計算書等の財務諸表の数字に基づいて、会社の収益性・安全性・生産性・成長性を分析し、業界内や競合他社と比較するとこです。最も重要なことは、財務分析の結果を経営改善に活用することです。

財務分析・経営診断

財務分析の前提条件

財務分析を行う前に、必ず行わなければならない重要な作業があります。
中小企業の多くは、税理士さんが「税務簿記」という、我国では認められていない「基準」に従い決算書を作成しています。税理士さんは「税」の専門家ですが「会計」の専門家ではありません。税理士さんが「税務簿記」で作成した決算書を「正しい会計基準」基づく決算書に修正する必要があります。

誤った基準で作成された決算書を基に財務分析を行っても、そのデータは全く意味をなさないばかりか、誤った分析結果を用いたならば、経営者の経営判断を誤らせる結果となってしまいます。

そこで当社では、税理士さんが行った決算を、正しい会計基準を用いた決算に修正した後に、財務分析を行っております。

財務分析の4つの手法

財務分析とは、貸借対照表や損益計算書等の財務諸表の数字に基づいて、会社の収益性・安全性・生産性・成長性を分析し、業界内や競合他社と比較することです。経営者や取引先、投資家などが財務分析を用いて現状と問題点を把握することで、企業の全体像や問題点などを具体的に把握することができます。
会社の経営に「改善する点はないか」「問題はないか」をチェックすることにより、現状把握だけに止まらず、将来戦略をも導き出かことが可能になるのです。


財務分析の方法は、目的によって次の4種類に分類されます。

収益性分析

企業がどれだけ利益を上げられているのかを見る分析手法が「収益性分析」です。利益の具体的な額ではなく、その比率を見ていくのが特徴です。
企業ではさまざまな資本を使って事業を行い、そこから売上を得ることで利益を出しています。利益を上げられなければ、会社の継続的な運営は不可能です。そこで、「自社で活用した資本が効率良く利益を稼いでいるかどうか」を把握するための手法が、収益性分析となります。収益性分析は、粗利率や売上高営業利益率などの数値を使って分析が行われます。

安全性分析

安全性分析は、その企業にどれだけ支払い能力があるのかを分析する手法です。この分析により、その会社の経営状態の安全性(財務的に安全なのかどうか)がわかります。安全性分析にはいくつもの指標が使われますが、おもな指標としては流動比率や自己資本比率があります。

生産性分析

生産性分析は、従業員や設備など、企業が抱えている経営資源を効率良く活用しているかどうか、そして、それがどれだけ売上や付加価値の創出につながっているかを見る手法です。この手法では、付加価値労働生産性という指標が多く使われます。付加価値というのは、従業員の働き方の改善や設備投資による効率向上などで新たに付加したものを指しており、付加価値が大きいほどその企業の生産性は高いといえます。

成長性分析

成長性分析は、それまで企業がどのように成長してきたか、そして将来の成長の可能性はどうかを見る手法です。増収増益をあげている会社の場合は成長しているといえるので、増収率や増益率を見ることが重要になります。

分析結果を経営改善に活用するには?

上記の4つの財務分析の結果は、百分率、倍率、日数や回転数などの「無起筆な数値」で表されます。
残念ながら、財務分析がここで終わってしまう会社が大半なのです。

重要なのは、
財務分析の結果を経営改善に活用すること、次のような具体的なアクションを起こすことです。
1.財務分析の結果から、自社の経営上の具体的な問題点・課題を抽出する
2.課題を解決するための改善策を検討し、実行計画を作成する
3.計画を実行し、進捗状況をフォローする
4.改善策の効果を確認するとともに、計画(目標)との比較分析・評価を行う

英知コンサルティングの取組み

実績

 2,000件以上

料金

 お見積り

お問合せ・お見積り

お気軽にお問い合わせください

お電話受付時間 平日  9:00~18:00

03-4572-0656