経営コンサルは東京の英知コンサルティング株式会社へ

03-4572-0656

  お電話受付時間
  平日 09:00~16:00

最終更新日  2024年05月26

社長なんでも経営相談

社長経営相談は、東京の英知コンサルティング株式会社へ。社長の悩みは、同じ立場の社長にしか理解できません。当社代表の 清水一郎 が、社長さまのお悩みを解決します。初回のご相談は無料です。

「社長の悩み」は、皆同じだった!

  • ① 売上が伸びない
  • ② コストがかかりすぎる 
  • ③ 孤独だ、相談する相手がほしい
  • ④ 資金繰りの悪化  
  • ⑤ 相続・後継者問題  
  • ⑥ 事業を再生させたい 
  • ⑦ 会社の課題・問題を改革をしたい
  • ⑧ 経営者としての実力を付けたい
  • ⑨ 従業員を成長させたい 
  • ⑩ 後継者を訓練したい  

経営者の悩みを理解できるのは、
同じ立場の経営者だけです!

No2であっても、経営者の悩みは理解できません

経営者の悩みを理解できるのは、同じ立場の経営者だけです!
No.2であっても、経営者の悩みは理解できません。
私自身も経営者の一人です。経営者は「孤独」です。

世の経営者の「悩み」は、ほぼ同じです。
経営者の「悩み」が何故、同じ境遇の経営者にしか理解できないのでしょうか?

それは、そもそもの目標や価値観が違うからです。
経営者は、業績を伸ばし続けて行かなくてはならないという使命を持った立場です。従業員やその家族の生活をも護るために必死です。

一方、会社員は、日々の生活の事を常に考えて生きています。欲しいものを買うために仕事をして、家族を養うために仕事をしています。

経営者の方々は、「雇われる」というを経験した方達ですが、従業員の方々は「経営」をした事がありません。
従って、経営者は従業員の気持ちを理解できても、従業員が経営者の気持ちを理解するのは、不可能なのです。

 

「経営者」としての意識も経験もない、市区町村の公務員相談員、商工会議所などの相談員、サラリーマン・コンサルタントに、経営者の「悩み」を理解できるはずがございません。
 

当社では、経営者の「苦悩」を理解するコンサルタントを育成のため、最低5年間は独立した個人事業者として「経営者の苦労」を経験させ、その後に社員に登用しております。
当社のプロフェッショナル経営参謀にお任せください!

経営者の「悩み」BEST3

第3位「資金繰り」

先ずは「資金繰り」です。

いついつまでに支払いをしなくてはならないのに手元に現金がない。そう悩む経営者は日本にはたくさんいます。

どうすればいいか?
何としてでも現金を用意する必要があります。期日までに現金を用意できなければ、会社のみならず社長である貴方も
自己破産をすることでしょう。

一刻も早く金融機関に融資を申し込むか、1日でも早く支払先に遅れることを連絡するかしか方法はありません。

第2位「業績不振」

続いて「業績不振」です。

思うように業績が上がらず悩んでいませんか?
同業他社との価格競争に敗れたり、従業員のミスで顧客に契約を打ち切られたりと業績に悩む経営者はたくさんいます。

業績が上がらなければ「お金」は入って来ませんし、会社自体経営をしていく事が困難になります。経営者は発想の転換をし、経営改革をする必要があります。

第1位「従業員」

最大の悩みは「従業員」です。

思うように業績が上がらないのは従業員の責任であり、従業員ができないのは会社の責任で、社長の責任です。しっかりとした教育と、同じ目標に従業員のベクトルが揃わないと中々業績を上げる事はできません。

従業員の中には反抗する人間もたくさんいますし、表には出さないけど心の中で経営者をよく思っていない従業員は必ずいます。

昼間のパチンコ店にスーツや作業着を着ているお客さんがたくさんいるのを、社長はご存知ですか?
彼らは仕事をサボってパチンコで遊び、その時間も給料が発生しています。有給休暇をとってパチンコに行く人間もどうかと思いますが、その人間の方がまだマシです。そのダメ社員をいかに効率よく、会社に利益をもたらせるかが社長である経営者の腕の見せどころです。

立場や境遇の違いは、乗り越えられない!

「お金」で悩む経営者、「業績」で悩む経営者、「従業員」で悩む経営者。何ともみすぼらしい姿が浮かんできます。

よく考えてみてください。この3つには深い関連性があるのです。
「従業員」を使えないから「業績」が伸びず、「お金」が入って来ないのです。

言い換えれば、
「従業員」が優秀なら「業績」が上がって、「お金」が入ってくるのです。

「お金」に悩んだらまずは「業績」を、「業績」に悩んだら「従業員」を見直す。これが一番の解決方法です。

私とお付き合いのある、某大手の通信会社の営業マンのお話をしますが、その方はとても優秀な方でした。「完璧人間」ではなく、少し抜けている一面のある気さくな営業マンです。仕事はもちろん遊びもピカイチの彼は、会社の業績を年間5億円も上げています。

遊びのできる彼は、趣味であるゴルフを月に何回も行きますがしっかりと結果を残していました。こういう人間がたくさんいる、某大手通信会社は年々業績を伸ばし、いろいろな企業を買収するまでになっています。

この時、私は確信したのです。できる従業員がいれば、「企業はお金に悩むことはないのだ」と。
経営者は、従業員が「出来る人間になれるよう徹底的に訓練」する必要があります。
そのためには「お金を使ってでも従業員の教育に専念する必要がある」のです。

「お金」がないのは「業績」が悪いせいで「従業員」教育が出来ないからです。
「従業員」が優秀だから「業績」が伸びて「お金」が入ってくると説明しましたが、「お金」が入ってくるからこそ、その「お金」を「従業員」のために使えるのです。

結 論

「お金」「業績」「従業員」に悩む社長は、先ずは「従業員」の教育を優先することによって、良い循環をつくることが重要です。

事業資金の融資を受けるのではなく、「従業員の報酬や社員研修のために融資を受ける」のが最も「価値的な融資」です。これをできる範囲でやっていけば、経営者である社長の「悩み」も減ることでしょう。

松下幸之助 氏の『指導者の条件』

松下幸之助 氏

『指導者の条件』として、次のように語っておられます。

『自分より優れた人を使えることですな。そう、これだけで十分ですわ。

経営者にとって大事なことは、優秀な部下を集め、あるいは、育てることや。いくら優秀な人でも、人間ひとりには、限界があるわ。なんでも一番ということはない。

自分より、優秀な人はいっぱいいる。だからな、指導者が、なんでもオレがオレが、と言ってもできんわけや。

むしろそういう、自分より優れた人を傍に集めて、その人たちを活かし使う能力というか、そういうことができるということであれば、その人は、それで十分、立派な指導者と言えるけど、得てして、指導者という人は、自分より優れた人を遠ざけるな』

社長として最も大切な要件は、自分より優れた人を使えることです。

英知コンサルティングの実績

実績

 50,000件以上

料金

 ご面談・ご相談の上、最適なプランとお見積りをご提案いたします。

一緒にご覧いただいているページ

お気軽にご相談・お問い合せください

英知コンサルティング株式会社は、ベンチャー・中小企業・中堅企業の「経営改革による業績向上」に特化した、国内独立系コンサルティング・ファームです 。

経営コンサルティング、および組織・人事コンサルティングなど、様々なサービスをご用意し、企業様の「人材育成による業績拡大」をご支援させて頂いております。

経営コンサルタントに依頼することは、経営幹部を1人雇うことと同じと考えます。当社のコンサルタントが、中小・中堅企業経営者様の経営参謀・戦略ブレーンとして経営者様を継続的にサポートして参ります。

東京を拠点に全国展開しております。企業様の企業文化や事業ステージに合わせたコンサルティングを進めております。

サービスの内容や料金などのご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合せください。

ご相談・お問い合せはこちら(無料)

お気軽にお問合せください

コンサルティングのご依頼や、詳しいご相談をされたい場合には、お問合わせフォームまたはメールで、お気軽にご相談ください。ご相談は勿論、無料です。
 

メールでのお問合せは、こちらからどうぞ。
info@eichi-consulting.jp
お問い合せフォーム、メールでのお問合せは24時間受け付けております。

このページの監修者

清水 一郎

英知コンサルティング株式会社
代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー 

Executive Consultant 清水 一郎

<職歴>
・大蔵省(現 財務省/官僚)
・等松青木監査法人(現 有限責任監査法人トーマツ
   
/会計士補・公認会計士・税理士)
・東証JQ 精密機器(常務取締役 兼 CFO)
・東証JQ 小売(常務取締役 兼 CFO)
・東証一部 商社(代表取締役副社長 兼 COO)
・当社 代表取締役社長兼CEO(現任)

<学歴>
博士(法 学)東京大学大学院 
博士(経営学)一橋大学大学院
修士(経済学)慶應義塾大学大学院
修士(心理学)早稲田大学大学院

<登録可能資格>
公認会計士、税理士、司法書士、弁理士、不動産鑑定士、中小企業診断士、社会保険労務士、

ITストラテジスト 、公認内部監査人、CFP、臨床心理士、他

サイドメニュー

   お問い合せ・ご相談

コンサルティングのご依頼や、詳しいご相談をされたい場合には、お問い合せフォームまたはメールからご連絡ください。

メールでのお問合せはこちら
info@eichi-consulting.jp

お問い合せフォーム、メールでのお問合せは24時間受け付けております。

      代表取締役 社長兼CEO
      代表パートナー  

  Executive Consultant
     清水 一郎
-------------------------------------
<専門分野>
経営戦略、営業戦略、マーケティング、間接部門改革、法務、財務、金融、マクロ経済、会計、税務、監査、IPO、資産運用、不動産、組織、人事、人材育成、コーチング

-------------------------------------