中小企業・中堅企業の経営コンサルティングは東京の英知コンサルティング株式会社へ 

03-4572-0656

受付時間  平日  9:30~17:30

東京都千代田区  最終更新日  2022年12月10日

税理士は会計の専門家か

税理士は「税の専門家」であって「会計の専門家」ではありません。

税理士は会計の専門家か

※本稿は、特定の「税理士」を指したものではございません。
 

上場企業の経理部門の方以外の方は、公認会計士との接点が無いと思います。

実は、公認会計士と税理士は混同されやすいのですが、その能力は
「月と蛍」ほどの違いがあります。大半の未上場企業では「税理士」と顧問契約をされておられると思います。

しかし「税理士」は「税金」の専門家であって、決して「企業会計」「管理会計」「財務」「監査」の専門家ではありません。更に税理士に「経営指導」「経営コンサルティング」などの能力は全くありません。その「税理士」に「経営相談」すること自体が、そもそも大きな誤りなのです。

 

1.「税理士事務所」を「会計事務所」と表記している「税理士」がおります。

  「税理士」は単に「税」の専門家でしかなく「会計」の専門家ではありません。「税理士」が作成
  した「貸借対照表」および「損益計算書」は、通称
「税務簿記」に基づき作成されており「会計」
  に関する「信憑性」は全く担保されておりません。

  一方、「公認会計士」は「会計」と「税」両方の専門家です。「公認会計士」が作成した「貸借対
  照表」「損益計算書」および「キャッシフロー計算書」は我国の会計公準である「企業会計原則」
  および金融商品取引法の「財務諸表等規則」並びに「連結財務諸表等規則」基づき作成されていま
  すので「財務諸表」と呼ばれています。

2.信憑性のない数値を使用した「財務分析」は、経営者の経営判断を誤らせる原因になるだけです。
  
10年連続で黒字決算の会社が、「公認会計士」による監査を受け、正しく修正したところ、実は
  「債務超過」であったという話は、決して珍しくございません。

  従って「税理士」が「流動比率」が低いとか、「固定比率」が高いとか言っても、そもそも誤っ
  た
「貸借対照表」および「損益計算書」を基準にしている以上、全く意味をなさないばかりか、経
  営
者の経営判断を誤らせるだけなのです。

3.「税理士」が提案する「節税策」の99%は、金融商品取引法の「財務諸表等規則」などでは認めら
  れていません。また、
「税理士」が提案する「節税策」の99%は、稚拙な「脱税」でしかありませ
  ん。

4.税理士は、決算処理で利益が下がり、結果として納税額が減少したかのように演出します。これを
  顧問先企業にアピールすることで、高額な決算料の請求根拠にしようと考えています。
​  税理士は、期中取引において「経費」になることを承知の上で、敢えて「前払費用」や「仮払金」 
  で仕訳処理をするなどの「小細工」を行い
ます。
  つまり、期中は本来の利益よりも高い試算表を作成し、
決算処理で利益が下がっように見せかける
  手口です。このような税理士の不正を、経営者は見抜かねばなりません。

5.企業会計原則「一般原則」の「1.真実性の原則」「2.正規の簿記の原則」も、クライアントか
  ら依頼があれば、粉飾も脱
税も何でも引受け、税理士により「会計秩序」は破壊されていると言わ
  ざるを得ません。

6.企業会計原則「一般原則」の「5.継続性の原則」もクライアントからの依頼があれば、利益操作
  のために頻繁に会計処理の変更するので、継続性は担保されていない。

7.企業会計原則「一般原則」の「6.保守主義の原則」も、本来ならば会計上は「損金経理」をし
  なければならないところ、資産性が無いにも拘わらず「資産の部」に計上しているケースが多い。
  また、「減損会計」や「資産除去債務」の存在すら全く知らない税理士が非常に多い。

8.企業会計原則「一般原則」の「7.単一性の原則」もクライアントからの依頼があれば、税務署提
  出用の決算書と金融機関へ提出
用の決算書を作成してくれる税理士も決して少なくありません。

9.
「税効果会計」を行っていない税理士が多い。
  理由を尋ねると皆一様に、別表四と別表五(一)で調整するから課税所得や納税額は変わらないと
  
おっしゃる。しかし、「貸借対照表」および「損益計算書」は明らかに歪められているのでです。

10.「税効果会計」を行っている税理士も、本来は会社が作成した「中期経営計画」を基に「繰延べ税
  金資産の回収可能性の検証」を行なわなければならないが、そを作成していない会社においても、
  平然と「税効果会計」を行っている。

  DCF法を用いて「にわか中期経営計画」を作成し、それをもって繰延税金資産の回収可能性の根拠
  としている税理士が多い。しかし、DCF法を用いた場合、いくらでも「バラ色」の「中期経営計
  画」が作成でき、結果的に回収可能性の根拠が乏しい、または資産性のない繰延税金資産を計上
  し、貸借対照表を歪めているのである。これは、企業会計の根本法規である、
企業会計原則「一般
  原則」の「1.真実性の原則」をも冒涜しているのである。

 

11.中学生でも理解できる「1年基準」(One year rule)が守られていない。
  即ち流動資産と固
定資産の区分、流動負債と固定負債の区分がデタラメ。

12.「収益実現主義」「費用発生主義」の原則が守られていない。

  ある不動産会社の国税局出身の顧問税理士は、約20年もの間、不動産の売上計上時期を「契約ベ
  ース」で売上を計上していた! これにはたいへんに驚いた!

13.当社代表の 清水一郎 は IPO(株式上場)を5社連続成功させておりますが、最初のミッシ
  ンは、税理士さんにお引き取り願う交渉でした。

14.特に注意が必要なのは、国税局や税務署出身の「税理士」です。
  
彼等は23年間勤務すると税理士試験の全部が免除されて、簡単な研修を受けるだけで「税理士」に
  なれるのです。


  「用心棒」のつもりで彼らと顧問契約している会社も多いと思いますが、彼等は「税」の事しか頭
  
になく「会計」の知識は「日商簿記3級」以下です。
  さらに「税務調査」が入ると、税務署側の修正事項を簡単に受け入れることが多く、クライアント
  が期待している
「用心棒」にはなっていません。

15.「弁護士」に登録すると「弁理士」と「税理士」の資格がおまけでもらえます。
  
「公認会計士」に登録すると「税理士」と「行政書士」の資格がおまけでもらえます。
  「税理士」のレベルはその程度と思われた方がよいでしょう。

16.私が勤務していた会社では、資格試験合格者に対する報奨金制度がございました。司法試験および
  公認会計士試験に合格した場合の報奨金が
100万円なのに対し、税理士試験(5科目全科目)に合
  格した場合でも、報奨金は僅か
5万円でした。

17.近年、収益を上げる目的で「経営コンサルタント」を標榜する「税理士」が多くなってきましたが
  
「税理士」に他人の会社のコンサルティングなどできるはずがないのです。 
  何故ならば、世間ではほとんど知られておりませんが「税理士事務所」は離職率が最も高いブラッ
  ク業界なのです。自分の「事務所」の経営すらできない「税理士」に、他人の会社のコンサルティ
  ングができるでしょうか?

​18.参考までに申し上げますと、銀行員の隠語では「税理士」のことを「事務屋」と呼んでおり、税理
  士が作成した「決算書」なるものは、全く信用しておりません。
  銀行の審査部では、税理士が作成した「決算書」なるものを、修正作業を行った後に、融資の審

  を行っています。

19.東京大学や京都大学出身の公認会計士は多数いますが、東京大学や京都大学出身の税理士は聞いた
  ことがありません。

20.税理士が作成する「決算書」は、無意味に分厚い。提出義務のない書類までも綴じているからであ
  る。その理由は、クライアントに決算が如何にたいへんだったことをアピールし、決算料を多く請
  求するためです。例えば、全資産の固定資産税台帳を添付している税理士は極めて「無能」です。


税理士の偏差値は、税理士になったプロセスによって大きく異なります。

税理士になるためのプロセス

偏差値
公認会計士資格を有する税理士      75
3年以内に、会計科目2科目、税法科目は国税3法(所得税・法人税・相続税)に試験合格      70
相続税理士(資産税20年以上の税理士)  65
5年以内に、会計科目2科目、税法科目は国税3法(所得税・法人税・相続税)に試験合格

     65

税法科目の内、1科目が地方税で試験合格、1科目が大学院の論文審査合格者

     40

税法科目の内、2科目が地方税試験合格、2科目が大学院の論文審査合格者

     30

税務署に23年間勤務後に「簿記3級」程度の試験に合格して税理士になった者      -

 

それでも貴社は「税理士」との顧問契約を継続なされますか?


2020年8月24日

代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー

清水一郎

よく、一緒に見られているページ

経営のお悩みは、英知コンサルティング株式会社にご相談下さい

弊社は、中小・中堅企業の「経営改革による業績向上」に特化した独立系コンサルティング・ファームです 。中小・中堅企業を専門としているコンサルティング会社をお探しの企業様は、是非、当社へご相談ください。

経営コンサルティング、および組織・人事コンサルティングなど、様々なサービスをご用意し、企業様の「人材育成による業績拡大」をご支援させて頂いております。

経営コンサルタントに依頼することは、経営幹部を1人雇うことと同じと考えます。当社のコンサルタントが、中小・中堅企業経営者様の経営参謀・戦略ブレーンとして経営者様を継続的にサポートして参ります。

東京を拠点に事業展開しており、全国対応しております。企業様の企業文化や事業ステージに合わせたコンサルティングを進めております。

サービスの内容や料金などのご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合せください。

代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー 清水一郎

-------------------------------------
<職歴>
大蔵省(官僚)、大手監査法人(会計士補・公認会計士)
上場企業3社(精密機器メーカー、小売、商社)の役付取締役30年
CFO (最高財務責任者)
CLO(最高法務責任者)

CHO(最高人事責任者)
COO(最高執行責任者)

CEO(最高経営責任者)

-------------------------------------
<学歴>
東京大学 博士(法学)
一橋大学院 修士(経営学
MBA
慶応義塾大学
 修士(経済学)
早稲田大学
 修士(心理学)
-------------------------------------
<資格>
公認会計士・司法書士・不動産鑑定士・税理士・中小企業診断士・社会保険労務士  他 全51の資格試験・採用試験合格者
-------------------------------------<専門分野>
戦略経営、組織、人事、法務、会計、税法、金融、経済、人材育成、コーチング

-------------------------------------

トップページ
代表者  プロフィール