経営コンサルは東京の英知コンサルティング株式会社

経営コンサルティング・経営コンサルタント、人事コンサルティング・人事コンサルタントは
東京の英知コンサルティング株式会社へ 

 

 

03-4572-0656

営業時間    平日 9:00~18:00

取締役会運営コンサルティングは東京の英知コンサルティング株式会社

取締役会運営コンサルティングは、東京の英知コンサルティング株式会社へ。定時総会は年1回開催、取締役会設置会社会では、取締役会を3ヵ月に1回以上開催しなければなりません。しかし「ペーパー会議」または「形骸化」していませんか? 当社では株主総会の運営支援・取締役会の運営支援を行っております。

取締役会運営コンサルティング

株主総会・取締役会サポート

株主総会運営支援

監査法人の監査が義務付けられている大企業においては決算日から3ヶ月以内、その他の会社においては決算日から2ヶ月以内に定時株主総会を開催しなければなりません。国内の約99%を占める中小企業においては、定時株主総会を開催していない会社が大半だと思われます。中には、社長や社長の親族が全株式を保有しているため、開催の意義がないとお考えの社長様も少なからずおられるものと思われます。

定時株主総会では最低限、議長である社長が決算報告の上、株主から決算承認を受けなければなりません。当社では、定時株主総会に幹部社員、あるいは全社員を、議決権のないオブザーバーとして出席してもらい、社長の言葉で決算報告を行い、翌期の経営方針を発表する場にされますことを、強く推奨しております。

たったこれだけでも、管理職や社員の中から、社長の経営方針に協力していこうという「当事者意識」を持つ社員が一人でも現れれば、大成功だと考えます。年に一度の定時総会ですから、終了後に全員で食事会をするのもよいと思います。

当社のパートー(経営層)が定時総会の議事進行方法をサポートいたします。

取締役会運営支援

取締役会設置会社は、取締役会を3ヵ月に1回以上、つまり年4回以上開催しなければならないことが定められています(会社法363条2項)。 一方、非公開会社においては、原則として取締役会の設置は強制されておらず、取締役の人数も1人でもよいとされています(会社法326条1項)。

当社と経営顧問契約を締結されておられる会社様には、毎月のコンサルティングとは別に、取締役会、または拡大取締役会、あるいは経営会議等の名称の会議に、
当社のパートー(経営層)が参加させていただいております。

小人数の会社であればあるほど、取締役会に幹部社員、あるいは全社員を、議決権のないオブザーバーとして出席してもらい、経理担当者に月次決算報告をさせ、また、稟議案件の決裁を参加者全員で協議する場にすることを、強く推奨しております。お昼時間に合わせて開催し、仕出し弁当を食べながら和気あいあいと開催している会社様もございます。

定時株主総会も取締役会も「人材育成の場」にしていくことを、強く推奨しております。

英知コンサルティングの取組み

実績

当社と経営顧問契約を締結されておられるすべての会社様の、月1回の取締役会またはそれに準ずる重要な会議(経営会議など)に当社のパートー(経営層)が参加させていただいております。

料金

 個別にお見積りさせていただいております

代表取締役  清水一郎

代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー 清水一郎

戦略コンサルタント
組織・人事コンサルタント
エコノミスト、金融アナリスト
人材育成トレーナー、コーチャー
-------------------------------------
大蔵省(官僚)、大手監査法人(公認会計士)。上場企業の取締役29年(精密機器メーカー、小売、商社)
-------------------------------------
東京大学 博士(法学)
一橋大学 修士(経営学・MBA)
慶応義塾大学 修士(経済学)
早稲田大学 修士(心理学)

-------------------------------------

インボイス制度
電子帳簿保存法
特別相談コーナー

インボイス制度」「電子帳簿保存法」(電帳法)の特別相談コーナーを、毎週土・日曜日に開催しております。

サイドメニュー