経営コンサルは東京の英知コンサルティング株式会社へ

03-4572-0656

  お電話受付時間
  平日 09:00~16:00

最終更新日  2024年06月23日

100歳までのスケジュール表

「人生100年時代」のスケジュール表を作成することで、目標とその達成期限が明確となり、人生の価値を高めることが可能になります。

100歳までのスケジュール表

人生100年時代の到来

「人生100年時代」という言葉がマスメディアで注目されてら10年余りになります。当初は「人生100年時代を生き抜くため、お金の備えをする」といった意味合いでした。その後「老後資金2,000万円問題」「少子高齢化による年金原資の不足問題」が問われるようになりました。 

私はFP(国家1級)でもあるため、仕事として、クライアントの「ライフプラン」をヒヤリングし「キャッシュフロー表」を作成・分析し、最終的に「助言」と「実行支援」を行って参りました。

これまでは、老後生活の防衛といった、「ディフェンス型(守り)のライフプラン」に留めていましたが、本年からは、より価値ある人生を創造するための「オフェンス型(攻め)のライフプラン」作成を推進して参ります。

男性は4人に1人が、女性は2人に1人が90歳まで生きる!

私は、本年4月に65歳を迎えます。社会保障制度上は「高齢者」に区分されます。20227月、日本人の平均寿命に関する最新の統計結果を厚生労働省が公表しました。その資料によると、2021年の日本人の平均寿命は、男性が81.47歳、女性が87.57歳でした。世界ランキングでは、女性が第1位、男性は第3位です。 

上記の「平均寿命」と「平均余命」(あと何年、生きられるか?)の意味は異なります。
例えば、現在65歳の女性が「何年生きるか?」の答えは、「87歳-65歳=22年」と考えることは誤りです。実は「平均寿命」には、0歳で亡くなった場合など、65歳を迎える前に亡くなった人も含まれているからです。

現在65歳まで生きている人だけで、残りあと何年生きるのか(=「平均余命」)を考えると、寿命はもっと長くなり、24年間生きます。つまり、65歳まで生きた女性は、平均で89歳まで生きるのです。

厚生労働省が発表している「平均余命表」によれば、現在65歳の女性の場合、2人に1人が90歳まで、16人に1人が100歳まで生きることになります。

一方、現在65歳の男性の場合、4人に1人が90歳まで、100人に1人が100歳まで生きることになります。

100歳までのスケジュール表

東洋の思想に「初めに臨終(死)ということについて学んでから、その後にその他の事柄について学んでいくべきです」と、人生の総括である「死」の意味を理解することの重要性を説いています。

さらに「一生を面白おかしく過ごして、死を迎えた時に永遠の後悔をすることがないように、人生を送りなさい」と、説いています。いずれも、価値ある人生を生き抜くための至言であると考えます。 

充実した価値創造の人生にするためには「計画」が必須です。即ち「100歳までのスケジュール表」の作成が重要となります。「納期(期限)の無い仕事は無い」と同様、「何歳までに何をするのか」を明確にする必要があります。これを、持っているかどうかで、人生は決定的に変わってくると考えます。 

(参考例)現在50歳男性のスケジュール表
 
イベント
2023年   50歳 賃金カーブが最高値を迎える。以降、右肩下がりになる
人生100年時代を迎えるに当り、賢明な人は、リカレント教育で上級学位や有望資格を取得するなどして、起業・副業の準備を始める
2024年   51歳  
2025年   52歳 末っ子が大学を卒業
2026年   53歳  
2027年   54歳  
2028年   55歳 役職定年(以降、年収は2/3~1/2に激減する)
2029年   56歳  
2030年   57歳  
2031年   58歳  
2032年   59歳  
2033年   60歳 還暦
2034年   61歳  
2035年   62歳  
2036年   63歳  
2067年   64歳  
2038年   65歳 定年退職。退職金受取、住宅ローンの一括返済を検討する
35年の、長~い老後生活が始まる
老齢厚生年金の受給開始

老齢厚生年金の繰下げを検討
夫婦がゆとりある老後をおくるには、4,000万円程度の老後資金が必要
十分な老後資金がない場合には、更に働かねばならない
2039年   66歳  
2040年   67歳  
2041年   68歳  
2042年   69歳  
2043年   70歳 古希
2044年   71歳  
2045年   72歳  
2046年   73歳  
2047年   74歳  
2048年   75歳  
2049年   76歳  
2050年   77歳 喜寿
2051年   78歳  
2052年   79歳  
2053年   80歳 傘寿
2054年   81歳  
2055年   82歳  
2056年   83歳  
2057年   84歳  
2058年   85歳  
2059年   86歳  
2060年   87歳  
2061年   88歳 米寿
2062年   89歳  
2063年   90歳 卒寿
2064年   91歳  
2065年   92歳  
2066年   93歳  
2067年   94歳  
2068年   95歳  
2069年   96歳  
2070年   97歳  
2071年   98歳  
2072年   99歳 白寿
2073年 100歳  

50歳~65歳の15年間に、適宜適切な判断と行動が求められます。
勿論、全てが計画通りに進捗することはないと思われますが、少なくとも、年に一回は計画をローリングさせ、PDCAを回していくことで、達成度は高くなると考えます。

2023年01月02日

一緒にご覧いただいているページ

お気軽にご相談・お問い合せください

英知コンサルティング株式会社は、ベンチャー・中小企業・中堅企業の「経営改革による業績向上」に特化した、国内独立系コンサルティング・ファームです 。

経営コンサルティング、および組織・人事コンサルティングなど、様々なサービスをご用意し、企業様の「人材育成による業績拡大」をご支援させて頂いております。

経営コンサルタントに依頼することは、経営幹部を1人雇うことと同じと考えます。当社のコンサルタントが、中小・中堅企業経営者様の経営参謀・戦略ブレーンとして経営者様を継続的にサポートして参ります。

東京を拠点に全国展開しております。企業様の企業文化や事業ステージに合わせたコンサルティングを進めております。

サービスの内容や料金などのご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合せください。

ご相談・お問い合せはこちら(無料)

お気軽にお問合せください

コンサルティングのご依頼や、詳しいご相談をされたい場合には、お問合わせフォームまたはメールで、お気軽にご相談ください。ご相談は勿論、無料です。
 

メールでのお問合せは、こちらからどうぞ。
info@eichi-consulting.jp
お問い合せフォーム、メールでのお問合せは24時間受け付けております。

このページの監修者

代表  清水 一郎

英知コンサルティング株式会社
代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー 

Executive Consultant 清水 一郎

<職歴>
・大蔵省(現 財務省/官僚)
・等松青木監査法人(現 有限責任監査法人トーマツ
   
/会計士補・公認会計士・税理士)
・東証JQ 精密機器(常務取締役 兼 CFO)
・東証JQ 小売(常務取締役 兼 CFO)
・東証一部 商社(代表取締役副社長 兼 COO)
・当社 代表取締役社長兼CEO(現任)

<学歴>
博士(法 学)東京大学大学院 
博士(経営学)一橋大学大学院
修士(経済学)慶應義塾大学大学院
修士(心理学)早稲田大学大学院

<登録可能資格>
公認会計士、税理士、司法書士、不動産鑑定士、中小企業診断士、社会保険労務士、

ITストラテジスト 、宅地建物取引士、公認内部監査人、CFP、臨床心理士、他

   お問い合せ・ご相談

コンサルティングのご依頼や、詳しいご相談をされたい場合には、お問い合せフォームまたはメールからご連絡ください。

メールでのお問合せはこちら
info@eichi-consulting.jp

お問い合せフォーム、メールでのお問合せは24時間受け付けております。

        代表取締役 社長兼CEO
         代表パートナー  

    Executive Consultant
     清水 一郎
-------------------------------------
<専門分野>
経営戦略、営業戦略、マーケティング、間接部門改革、法務、財務、
金融、マクロ経済、会計、税務、
監査、IPO、資産運用、不動産、
組織構築、人事制度、人事評価制度、目標管理制度、コーチング

-------------------------------------