経営コンサルは東京の英知コンサルティング株式会社

経営コンサルティング・経営コンサルタント、人事コンサルティング・人事コンサルタントは
東京の英知コンサルティング株式会社へ 

 

 

03-4572-0656

営業時間    平日 9:00~18:00

法の不知は害される|英知コンサルティング株式会社 

「法の不知は害される|東京の英知コンサルティング株式会社。「法の不知は害される」とは「法の不知は抗弁とならない」という意味で、法を知らないことで、罰則から逃れることはできないという「法の大原則」です。

法の不知は害される

「法の不知は害される」とは「法の不知は抗弁とならない」という意味です。
法を知らないことをもって、罰則から逃れることはできないという「法の大原則」です。

刑法38条3項の「法律を知らなかったとしても、そのことにって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない」を指す言葉です。

つまり、自分の行為が法律上許されていないことを知らなかったとしても、罪を犯す意思(故意)が無かったとは認められず、犯罪が成立するという意味です。

刑法の条文、判例では「悪いことだとは知らなかったでは済まされない」という解釈です。
刑法は公序・秩序を形成するものですから、犯罪を犯して「悪い事とは知りませんでした」で許してしまっては「公序・秩序」
が維持できません。

 

この原則は民法、会社法、税法、労働基準本など、あらゆる法律・法令においても同様です。

法律を知らない人は(犯意が無い場合も含まれます)、「法」の怖さを知らないため、自己中心的な大胆な不法行為をしてしまう傾向があります。しかし、相手方から司法当局や相手方から訴えられた時の代償は、大きい場合があります。刑事では「実刑」に処せられたり、民事では多額の「損害賠償」を支払うことになるのです。

「法律・法令」を知らないが故の「勘違い」「単純なミス」が「不法行為」と見なされ刑罰の対象となったり、最悪の場合それらが「経営破綻」「倒産」「実刑」となる可能性もあり得るのです。

「不知」というのは、それほど恐ろしいことなのです!

 

「法の不知」には「法律の改正」を知らないことも含まれます。何万件とある法律の改正を、タイムリーに把握することは不可能です。インターネットの士業先生のサイトですら、法律の改正が行われたことを知らずに、改正前の古い条文が掲載されているサイトが非常に多いのです。

法律の改正をタイムリーにかつ正確に把握することで得られる利益は、非常に大きいものがあります。
先んずれば人を制すという諺がありますが、法改正の情報を他社よりも早く得ることで、いち早く商品開発を進められるなど、優位に次の一手を打つことが可能になります。

逆に、「法律・法令」を知らないが故の「チャンス・ロス」(機会損失)もあり得ます。
例えば「法律・法令」の改正を知らなかった故に、自分に不利な選択をし、高い税金を納付することになったり、補助金(返済不要)が貰える資格があるのに、その補助金の存在を知らなかったが故に申請しなかったりと、「得な機会」を逃す可能性があります。


しかし、自分一人で全ての「法律・法令」の改正を把握することは、たいへん難しいことです。
そのような専門的なことは、当社の有能な「士業コンサルタント」に任せ、経営者や社員の皆様は仕事に没頭した方が、時間の有効利用になります。

全ての資格試験は、何らかの法律に基づいた「法律」の試験と云っても過言ではありません。

当社のコンサルタントは、資格試験の勉強、その後の「法律・法令」の改正などの勉強を、寸暇を惜しみ、自己研さんしております。

当社では、「法の不知に害されない」よう、「法の不知による機会損失が生じない」よう、「法律・法令」の改正を日々ウォッチしております。

 

2021年7月11

代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー
清水一郎

                                     

代表取締役  清水一郎

代表取締役 社長兼CEO
代表パートナー 清水一郎

戦略コンサルタント
組織・人事コンサルタント
エコノミスト、金融アナリスト
人材育成トレーナー、コーチャー
-------------------------------------
大蔵省(官僚)、大手監査法人(公認会計士)。上場企業の取締役29年(精密機器メーカー、小売、商社)
-------------------------------------
東京大学 博士(法学)
一橋大学 修士(経営学・MBA)
慶応義塾大学 修士(経済学)
早稲田大学 修士(心理学)

-------------------------------------

インボイス制度
電子帳簿保存法
特別相談コーナー

インボイス制度」「電子帳簿保存法」(電帳法)の特別相談コーナーを、毎週土・日曜日に開催しております。